瀬織津姫ってどんな神様?

エッセイ

こんにちは。
ゆなかほの です。

瀬織津姫って
聞いたことありますか?

どんな神様なのか調べてみました。

スポンサーリンク

大塚和彦さん著「日本の神様図鑑」より

瀬織津姫
「古事記」や「日本書紀」には記されていない。

大祓詞(おおはらえことば)に登場する。
祓戸四神の一柱であり、祓い清めの神様とされる。

大祓詞(おおはらえことば)とは

神道の祭祀に用いられる祝詞の一つ。
神社で年に2回(6月末、12月末)奏上される祝詞。
自分の中にたまっていた半年間の罪を祓うといわれている。

*祝詞:神様のご神徳をたたえ、独特の文体で書かれた内容を神に奏上して、加護や利益を得ようとする言葉のこと

大祓詞の主人公はニニギ(アマテラスの孫)で、高天原から降臨してきた場面が書かれている。

大祓詞に登場する
罪を祓い清める4柱の神様たち

大祓詞の最後に登場する
「祓戸四神」と呼ばれる神様

*セオリツヒメ
たくさんの禍事や罪を、川から海へと流す

*ハヤアキツヒメ
海の底で、たくさんの禍事や罪を飲みこむ

*ハヤサスラヒメ
根の国、底の国に持ち込まれた禍事や罪を、さすらって失わせる

*イブキドヌシ
ハヤアキツヒメが禍事や罪を飲みこんだあと、根の国・底の国に息吹を放つ

神様は一人、二人ではなく、一柱、二柱と呼ぶそうです。

まありん著「瀬織津姫とムー大陸再浮上」より

まありんさんの書かれた本
『瀬織津姫とムー大陸再浮上』より
(第1版 2016年12月31日)

こちらの本、
スピリチュアル的な内容で興味深かったです。

カウンセリングとヒーリングのお仕事をしておられる「まありん」さんが、瀬織津姫の源神「シリウスの女神(意識体)シイラ」と繋がり、対話(チャネル)された内容が書かれています。

瀬織津姫についての内容だけ、ここに記します。

シリウスは、
今の天文学でわかっているところでは、シリウスA、Bの2つで構成されている。

シイラによると
『その奥に、C、D、Eという星があり、シリウスは5つの星で構成されている。その一つ一つの星々に女神がいる。シリウスの女神は、6次元以上の存在たち。』
*シイラ:著者まありんさんが対話(チャネル)するシリウスの女神の意識体

シリウスA:イシス
シリウスB:瀬織津姫
シリウスC:マグダラのマリア
シリウスD:シイラ
シリウスE:(本に記載なし)

シイラ
瀬織津姫シリウスBから来ました。
シリウスBは青白く光る星。特殊な水の色です。
シリウスBは地球同様、水の星なのです。

シイラ
『海洋哺乳類のイルカクジラはシリウスBから来ていますし、カエルもシリウスBから来ました。瀬織津姫はその地球の水を司る女神です。』

地球は水の惑星であり、人間の70%は水でできている。
水を司るということは、地球のほとんどを司ると言っても過言ではない。

著者まありんさんの体験談。
2009年、ペリーを訪れたとき、マチュピチュ駅に向かう途中で、ウルバンバ川が流れていた。その川を守っておられるのが瀬織津姫である、というメッセージを受けたそうです。太陽の民の聖地は、主に日本の神様に守られていて、水は女の神様の管轄だそうです。

汚れを祓う(はらう)のも水の役割
瀬織津姫大祓(おおはらえ)の神様でもある。

シイラ
ムー大陸が海中に沈もうとしていた時、たくさんの宇宙船が上空に現れ、光の心を持った知恵深い人々や子供たちを救出し、その人々を地球の内部の都市や、南米、インド、チベット、ポリネシア、そして日本に輸送しました。その指揮を執り、その人々とともに地球に残ったのが、私と瀬織津姫でした。私たちは、日本における人々のサポートを主にしていました。』

そのことがのちに、
日本における天照大神卑弥呼地母神などの女神信仰につながっていく。
縄文土器がほとんど女性を表しているのもうなずける。

縄文のあり方が必要とされる今、瀬織津姫シイラがタッグを組んで、戦争のない豊かな母系社会を復活させようとしている。

著者は「泣いた赤鬼」(浜田廣介作)というお話の中に出てくる「青鬼」は瀬織津姫であると言われています。赤鬼のために悪役を買ってでた青鬼。ピュアな愛、揺るぎない強さのある女神さま。

青鬼の正体は、縄文女神、瀬織津姫。
シリウスの女神でもあります。
深い闇を知るからこそ、強力に光り輝く女神。
青鬼は今、透明なシリウスブルーを纏い、美しくも神々しく、完全復活します。

瀬織津姫とムー大陸再浮上
「鬼扱いされた縄文女神の復活、
瀬織津姫がシリウスブルーをまとい輝き出す!」より

日本人は、宇宙や自然と共生する新しい価値観を見出す必要がある。そのモデルが、12000年以上も続いた縄文人の智慧と在り方。縄文時代は、5次元意識と3次元意識の融合された、光の時代。縄文時代の高度な生活の智慧や在り方にシフトできるよう、縄文の女神たち(瀬織津姫たち)がサポートに来ていると、本に書かれています。
この本を読んで、縄文時代の印象が180度 変わりました。

瀬織津姫 まとめ

「瀬織津姫」とは、

水の女神さま。
祓い清めの女神さま。

「古事記」「日本書紀」には登場せず、「大祓詞」に登場する女神さま。

スピリチュアルの世界で注目されている女神で、私たちのサポートをしている。

お名前の響きが好きです。
川のせせらぎ、水の音に「瀬織津姫」を感じるようになりました。
とても癒されます。

瀬織津姫のおかげで
少し神様の世界を知るきっかけになりました。

マンガで読む「古事記」初心者の私にも読みやすかったです。

神話の神様たちが、あまりに人間臭くて驚きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました